Red Bull F1 VR / 360° Video Experience

F1レッドブル

中学生のころはアイルトン・セナが大活躍していて、ナイジェル・マンセルとの激闘やミハエル・シューマッハとの世代交代などで日曜深夜の決勝を翌朝学校だとわかっていながらも見て夜更かししてしまったのを思い出します。
オンボードカメラとかで見るスピード感がテレビを通じて伝わってきていたのも、見入ってしまったんだろうな。
F1

F1

そんなF1をVRで見れたらもっとリアリティを感じられるのでは?と思っていたところ、ありましたよ!
Red Bull(レッドブル)チームのVR動画。いやぁ、これは自分が運転しているかのような錯覚に陥りますね。

 

ちなみに、レッドブルって、あの清涼飲料水のレッドブルです。
CMもちょっとこんな感じで不思議な感じでなんとなく覚えてしましますよね。
「翼をさずける」って。(笑)

今日は寝れないなぁ、という緊張感があるようなヘビーな仕事をしているときは、つい手が伸びてしまうんですよね。
そんな、レッドブルですが、欧米感が満載の印象を受けますが、実は創業はなんとタイとのこと!びっくり。
タイで発見された、 Krating Daeng (クラティン・デーン)という清涼飲料水を元に作られたものらしい。
レッドブルなんて言葉、想像つかないですな。
それを基に現在ではオーストリアのRed Bull GmbHが製造して、世界に広まった模様。
なんと、エナジードリンクとしての売上高とシェアはともに世界で第1位とのこと。全世界で52億本(2012年)も売れたんだって。

前述のCMもしかり、マーケティングがうまくいっているんでしょうね。
ちゃっかりこんなマーケティング関連の本も出しているし。
F1もきっと宣伝効果としては大きいんでしょうね。

いやぁ、なんかレッドブルって言ってたら、あの刺激が欲しくなってきたな。
今から買ってきて、元気充電しよっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です