VRスタートアップ向けインキュベーション施設

シェアオフィス

VRに注目が集まり、新しい産業が徐々に生まれてきている感があります。

市場が形成されるためには、そこにヒト、モノ、カネという経営資源が投下されないといけないですが、VRに関しては、スマホや機器、そしてコンテンツといった「モノ」が世の中に普及してきたことで市場が徐々に浮き彫りになってきたと言ってもいいかもしれません。

今後は、ヒトとカネがどこまで投入されるかというところではありますが、それぞれ急激に増えてきているのが体感できますね。小生が学んでいるVR専門のWebスクールなどが今後も増えることが予想され、ヒト(クリエイターなど)は急増することが予想されます。そしてカネに関しては、ベンチャー企業の中でも多くの企業が注目し参入していたり、大手IT企業でも新規投資などが行われてきているのが実情です。
中でも、特に注力しているなぁと思われるのが、スマホゲームの企画・制作などで有名な株式会社gumiが挙げられます。代表取締役の國光さん自身が旗を振ってVRへの積極投資を行っています。
実際にgumiの100%子会社として、Tokyo VR Startupsという会社を立ち上げていたりするわけです。

そんなgumiとTokyo VR Startupsなども運営パートナーとして参画しているVR領域スタートアップ向けインキュベーション施設の「Future Tech Hub」なるものを発見。

いわゆるコワーキングスペース、シェアオフィスのVR特化型と言える場所ですが、VR開発者やデザイナー、クリエイター、起業家同士が共に情報共有できるのはもちろん、VRイベント・体験会に参加できたり、VRの環境がそろっているといったことは、スタートアップには魅力満載。これが24時間365日使えてしまうなんて、、、めちゃくちゃ素敵すぎます。場所も東京都中央区とのことで、いろんな意味で興味を惹かれてしまいます。

私もここに行ってみようかなぁなんて考えてたりします。
VRで企業をお考えの場合は、是非、参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です